« 亀のように通り過ぎられていくもの | トップページ | 年の瀬の風 »

2013年12月 8日 (日)

竹林の風

朝晩とずいぶん冷えてきた。

でも、昼過ぎると外はいい日和だ。

この時期はもう、「小春日和」は使えないらしい。

Img_0658

刈り取った稲が黄金色に輝いているよ。
Img_0675

この時期にみられる花は限られる。
Img_0687

静かに佇む祠。
Img_0690

寂しさ度 ★★★☆☆

でした。




« 亀のように通り過ぎられていくもの | トップページ | 年の瀬の風 »

里山を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

あははは・・・
アヴァンギャルドな祠ですね!
石灯篭が変身したのかな?
ご神体、・・・意外とご当地きゃらのチーバくんだったりして?( ^ω^ )

>パンジーさん
じっ、実はこの祠のようなもの、かつて繁栄を極めたチーバ帝国、チーバ帝の
お墓なのですよ。
秦の始皇帝が作らせたという兵馬俑のごとく、このあたり一帯には、たくさんの
チーバ俑が眠っています。
チーバ一族は、いまでもこのあたりを支配しています。ときどきチーバくんとか
いって、子供騙しのようなものがテレビに出てるの見かけるでしょう。
このチーバ俑、チーバ一族が早く発掘したいらしく、発掘ツアー参加者を募って
います。
パンジーさんも参加されてみてはいかがかな。パンチーバ なんつって!

関西からだと梅田駅北口から直通バスが出ています。
料金は3泊4日で \38,900 となっています。

チーバピーナツもたくさんいただけますよ!

お問い合わせは 0464-1008-1008 (お値段よろし ち(千)ーばち(千)ーば) まで

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀のように通り過ぎられていくもの | トップページ | 年の瀬の風 »