« 昭和の風 | トップページ | 竹林の風 »

2013年11月17日 (日)

亀のように通り過ぎられていくもの

きょうは快適な日和であります。

ちょっと出かけてきました。

Img_0609

Img_0629

Img_0615

そろそろ冬眠の準備かな。
動きがいつもよりも遅いような気がした。
気のせいかな。

« 昭和の風 | トップページ | 竹林の風 »

里山を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

こころぐ知恵蔵さま

古代中国人は、亀の甲羅を使って
占いをしたそうですが・・・
これって、焼きカニの要領で
火であぶってたべたあとの
偶然の発見だったとしたら・・・
カメっておいしいのでしょうか?
子供時代、川カニを食された経験から
カニの甲羅は火ではひび割れないのでしょうか?( ^ω^ )

>パンジーさん
亀といえばすっぽんがよく食べられておるの。
わしも食べたことあるが、旨いもんじゃないぞよ。
亀食べるな。
亀拝め。罰あたるぞ。

火で炙ったら、亀の甲羅がひび割れないか、とな。
そんなこと知らん。亀にお聞きなはれ。

そんな心配せんと、焼き芋でも食いなさい。

アハハハ・・・
☆☆☆☆☆( ^ω^ )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和の風 | トップページ | 竹林の風 »