« 帰りにちょっと | トップページ | さいたまの秋 »

2013年10月13日 (日)

どんぐりんの森

やっと秋らしい日になってきたよ。
Img_0016

二番穂も、ほっとくとそれなりにできるんだ。
Img_0026

そろそろ冬眠の準備かな。
Img_0024

おんぶにだっこ。
Img_0032

ペリーさんとも久しぶりだけど、
元気そうでした。
Img_0037


Img_0041

Img_0045

この奥に蕎麦屋さんがあるみたい。
Img_0046

亀の子池とよんでるそうです。
Img_0049


Img_0056

秋の花といえば、これ。

Img_0070

Img_0076

以上、秋の風景、大サービスでした。

« 帰りにちょっと | トップページ | さいたまの秋 »

里山を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

おぉぉぉぉぉ・・・
ひさしぶりの
まず、誰にも見向きもされそうにない史跡ですね!

周りに植えているのは柿で
三匹のサルが暗示してるひとは?
なぞの失踪をされた柿本人麻呂さんかも・・・

とんでも説大好きなパンジーとしては
藤村由香「人麻呂の暗号」にあるように
古代朝鮮語、中国語で万葉集を読み解くと
日本語解釈とは、まったくかけ離れた解釈に
たまらない魅力を感じます。

まぁ、現代の韓国、シナのひとは、ちょっと苦手ですけどね( ^ω^ )

>パンジーさん
これは柿元渋麻呂というひとの史跡だそうです。
いにしえの昔、渋麻呂は、なついてきた三匹のサルたちに、これはうまかろうと柿をやったところ、サルたちは、いったん口に入れた旨そうな柿をぷっぷっぷっと吐き出してしまったそうです。そう、渋柿だったのです。それ以来、渋麻呂はサルには恨まれ、もともと貧乏だったゆえ、人からも恨まれ、いろいろ苦労したそうです。村人からは冷たくあしらわれたのですが、せめて死ぬときくらい成仏させてあげようと村人たちがなけなしの金を集め、やっとこさこの道祖神をたてたそうです。渋柿を食わせたサルたちにも恨まれないよう、あの世では甘い柿が食えるよう願って、一緒にまつられたと聞いています。いわゆる、取らざる、食わざる、欲しがらざるといいまして、日光東照宮に敬意を表したものとなっています。

あははは・・・(抱腹絶倒悶絶失禁)( ^ω^)

寒くなってきましたねぇ。お元気ですか?

素敵な写真がたくさん!
ブログをやってるなんてさすがですo(`ω´ )o

ではではまたのぞきにきます( ´ ▽ ` )

>よしださん
コメントありがとうございます。
お元気ですかぁ。
急に寒くなってきましたねぇ。
私も外へ写真を撮りに行くのがだんだんと億劫になってきましたよ。
ブログの更新はコンスタントに行きたいものですが、なかなかです。
カテゴリーの「旅の記憶」読んでもらえたかなー。

では、また何か連絡くださーい。
風の便りですが、松M君と横Y君も辞めたそうですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰りにちょっと | トップページ | さいたまの秋 »