« 雨が降りゃ走れねぇなぁ。 | トップページ | 夏の香りの残る日 »

2013年9月22日 (日)

あっと言うまに冬近し...秋は短し

先週の3連休はひどい雨と風に見舞われた。
今週は穏やかだけど、特に予定もないし、
ちょっと走ってくっか。

Img_0496

明るいカラーの建物が目についた。
どうやら西洋神社のようだ。
関係者がちらほらと中に入って行くのがみえる。
中には浮世とぜんぜん違う世界があるんだろな。
ちょっと覗いてみたい気もするよ。

« 雨が降りゃ走れねぇなぁ。 | トップページ | 夏の香りの残る日 »

日々のくらし」カテゴリの記事

コメント

カラフルな西洋神社ですね。気軽に入れそうです。西洋神社さんも今風にしないとなかなか若い信者さんがこないのかも。
でも、日本の神社とかお寺がこうなるとちょい重みがなくなりそうで。

>C坊さん
確かに軽い感じに思われますね。
日本の神社は敢えて重く暗い雰囲気でもって威厳をあらわし、信仰に結び付けているのでしょうか。これを西洋風(出来るのかどうかわかりませんが)にしてみれば、もっと気軽に庶民が尋ねるのかもしれません。でもそう考えると、何の信仰やら訳わからずですが...

さすがどぶさん!

ついに隠れきりしたんの里を発見されましたか・・・
ここの住職は、フランシスコザビエルから数えて
今年で88代目になるそうです

秀吉の迫害で仲間は火あぶりになりました。
その恨みを忘れないため
パイプオルガンの楽譜の裏には
秀吉の似顔絵が・・・

もし、どぶさんが秀吉に
そっくりさんだとしたら・・・

ぎゃゃあああああ・・・(ノ_-。)


>パンジーさん
よくご存じですね。
88代目住職の名は、サンフランシスコザリガニといいます。
毎日信者のためにお百度参りをなさっていると聞きます。
やはり秀吉公には恨みつらみがあり、藁人形に五寸釘打ち付けてはこう言っているそうな。
「ザリガニ食うな~、エビ食え~」と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨が降りゃ走れねぇなぁ。 | トップページ | 夏の香りの残る日 »