« 燃える野に春を感じるころ | トップページ | 居酒屋なう。 »

2012年2月14日 (火)

黄色い花でも 白い花でも 早く咲くのがいい花だ

花壇に植えたクロッカス

Img_8683

もういいか もういいか と急いでる

« 燃える野に春を感じるころ | トップページ | 居酒屋なう。 »

日々のくらし」カテゴリの記事

コメント

むかし、むかしそのまたむかし

下総にとてもえら~いお地蔵さまがいたそうな・・・

最後の修行で

「お迎えがきたら、次は何になるんやろな?」

ずっっっっっと考え続けて

お腹が減って、考えるのが面倒くさくなったので

「そうだ!棺おけに入ってみたらわかるかもなぁ・・・」

ぶつぶつぶつ独り言で

「悟りが啓けたらなぁ・・・」

「わしは、空気を吸うため地上に黄色のクロッカスの鼻を出すわ。」

「そうでなければ地上に白色のクロッカスの鼻をだすわな。」

下総に伝承される民謡を思い出しました。

今回は、白 (ノ_-。)

ここを掘り起こせば・・・きゃぁ~~~


私の花壇にむかって泣かないでください。
わたしはそこには居ません。
死んでなんかいません。
クロッカスは私の化身なのです。
春になれば花を咲かせ、
夏になれば汗を掻き、
秋になれば青空に舞い、
冬になればマグマとなる。
それが私の姿なのです。

パチパチパチ・・・

最近、六地蔵様が登場されない理由が
やっと、わかりました。

朝になれば、電車に飛び乗り
夜になれば、居酒屋へ飛び込み
休日になれば、お花をめでるため
いそがしいのと、寒さのため
野山にいらっしゃらないのですね!?

お地蔵さまは不死身です。
居酒屋で朝まで飲もうと、
飲みだいが払えず電車に飛び込もうと、
ブレイドのようにいつも復活し、
野山を愛するのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 燃える野に春を感じるころ | トップページ | 居酒屋なう。 »