« 街にはいつもの春が | トップページ | 若葉の頃 »

2010年3月14日 (日)

その時 田螺が動いた

やっと、外に出られる日がきたなぁ。
と、ちょっくら、出かけてきたよ。


なんの絵かいてるのかな。

Img_5982

うーん、用心深いやっちゃな。

Img_5988

焼き土筆はいかがですか。
野焼きにも、土筆はがんばっている。

Img_6013

狙っているよ。

Img_6032

この冬も、無事すごせたようですな。

Img_6048

麦かな、蕎麦かな。
ここは毎年、植えているが、どっちが先だっけ。

Img_6068

« 街にはいつもの春が | トップページ | 若葉の頃 »

里山を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

タニシがいるのですか、懐かしいなあ。小学校の帰り道、近くの池でよく捕っていたものです。その池も今はなく。
カッタ君も元気なようでホッとしました。
土筆しかり、カッタ君しかり、トンビー君しかり、生物はみな頑張っているんですね。

>C坊さん
C坊さんちの近くにも田螺はいませんか。
田んぼ(もうすぐの)があれば、たいていいそうですよ。
でも、近年は農薬とか、環境の変化とかで、個体数が減少していますね。
でも、うちの近くには、まだまだいっぱい見られます。
うれしいことですよ。
春になると、いっぱい生きものたちが活動するのが見られて、楽しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 街にはいつもの春が | トップページ | 若葉の頃 »