« その時 田螺が動いた | トップページ | ぺんぺん草の生える頃 »

2010年3月22日 (月)

若葉の頃

ほんと、いい季節だなぁ。


オオバン

Img_6150 

蟷螂の卵だっけ。

Img_6156

オオイヌノフグリ、とかホトケノザとかいうやつかな。
いま、勉強中です。

Img_6159

キャベツ?

Img_6164

Img_6165

懐かしの六さん

Img_6167

日光を見ずしても、けっこうと言いたい。

Img_6170

« その時 田螺が動いた | トップページ | ぺんぺん草の生える頃 »

里山を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

一番下は千手観音様でしょうか。かなり古そう。
お弟子さん?が囲む姿は古代インドの情景そのままのようです。像もオリジナルに近いような感じですね。
今の各地にある仏像は中国を経由して中国人の面影が強すぎる気がしています。
まあ、でもそうだから日本に仏教が広まったんですかね。

>C坊さん
一番下の石像は、千手観音とか、日光の3猿をもじったものじゃないすかねぇ。
村の守り神として、いわれある観音様を彫ったり、有名な彫り物をまねたりして、村人が作ったものだと思います。
これらの石像や庚申塚、道祖神には、昔の人たちの、いろんな願いや思いがこめられてることと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その時 田螺が動いた | トップページ | ぺんぺん草の生える頃 »