« 旅の記憶ⅩⅣ タクシー・ドライバー | トップページ | ブログ異動 »

2005年7月31日 (日)

旅の記憶ⅩⅤ またくるよ! バンコック

今回のタイの旅も明日で終わりだ。
夕暮れが迫っている。
私はチャオプラヤー河のほとりをひとり歩いていた。
あちこちに長い竿を振り出し、魚釣りをする若者がいた。
なにが釣れるのかな。
ぼんやりと釣り人達の姿を眺めていた。
ここちよい風がほほをなでる。

暑いな。
でも毎日だからだいぶ慣れてきた。
それに、携帯の水を飲んでいるから大丈夫だ。

ちょっと用を足したいと思った。
ちょうどお寺がある。
そこは観光地とはかけ離れた名もないような寺だった。

私がその寺の中に入っていくと、
小柄のおじさんが近寄ってくる。
「どうしました?」
「ちょっとトイレをかりたいのですが」
「あぁ、いいですよ。こちらです」

用をすませて出ようと思っていた。
「どちらから?」
「日本からです」
「寺をご案内します。どうぞ、どうぞ」
そのおじさんは寺の管理をしている人の様だった。

おじさんは仏像がたくさん並んでいるところへ私を案内してくれた。
「これらは全て仏様です」
「たくさんありますね」

そこには正座する仏像がたくさん並んでいた。
金箔のものがたくさんあったように思う。
私はおじさんに案内されるまま、境内を見て回った。

一通り見終わると、ベランダのようなところに椅子をだしてくれた。
二人でいろいろと話した。
「私はラオス人です。戦争があったためにタイに逃げてきました」
「たいへんでしたね」
10分くらい談笑しただろうか。

「少しばかり寄付してもらえればありがたいです。
少しですよ。お願いします」
「ああ、いいですよ」

なんとなくそんな流れになっていた。

おじさんは私を案内し、まだ若い坊さんの所へつれていく。
そこには、坊さんに成り立ての中学生くらいの少年が昼寝をしていた。
おじさんは無理やり起こす。
その若い坊さんは眠そうな顔をこすりながら、いやいや起き上がってきた。
「どうぞ」
おじさんは寄付を渡すように促す。
私は100バーツをその坊さんに渡した。
その子坊さんは、眠そうな迷惑そうな顔をしながら、だまって金をうけとり、
また寝入ってしまった。

おじさんはこれを差し上げますと、華やかな紙に包まれたろうそくを
何本もくれる。
「これもどうぞ」
細い竹の線香も何本もくれる。
「これもどうぞ」
ちっさな仏像、金めっきのつくりものを渡してくれる。

「あなたの幸せをお祈りいたします。
どうかあなたのご家族が健康でハピーでいられますように、
願っています。日本に帰ってもどうか幸せがきますように」

おじさんは私の手を両手で握りしめながら、私の目を見つめ
願ってくれる。
「あなたがハピーになれますようにお祈りします」
何度も手を握りあった。

私は思った。
こんなことばをかけてくれる日本人がいるだろうか。
これまでもなかっただろう。
これからもないだろう。
涙がでそうだった。

あのときのことは忘れることはない。
今でも、うちには、貰ったろうそくと線香が、ダンボールの中に
仕舞われている。
使われることは無いかも知れない。
きっと。

« 旅の記憶ⅩⅣ タクシー・ドライバー | トップページ | ブログ異動 »

旅の記憶」カテゴリの記事

コメント

このおじさんは、どぶさんに喜捨をすすめたのね!

この喜捨の心は、煩悩のかたまりパンジーには
素直にわいてきません。

パンジーは、京都四条大橋にたつお坊さんを見ると
いつも悩みます。
100円、500円、1000円にするか?

そんなケチ臭いことで悩むぐらいなら財布ごと
喜捨できれば、すっきりできるのになぁ・・・

でも、財布ごと喜捨する人は、まだ出会ったことが
ないのでやはり合理的精神をもった現代日本人には
至難の業なんでしょうかね?

>パンチーさん

おいらも、財布ごとやればよかったな。
でも、この小僧、それで田舎に家建ててたかもなと思うと...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の記憶ⅩⅣ タクシー・ドライバー | トップページ | ブログ異動 »