« 旅の記憶Ⅷ 空港にて | トップページ | 旅の記憶Ⅹ 快適シャワー »

2005年5月29日 (日)

旅の記憶Ⅸ アリババおじさん

マラッカへはクアラルンプールのバスステーションから
ムラカゆきというバスに乗った。

途中はほこりが舞うが、舗装道路だったのを憶えている。
隣の席のおばちゃんが飴玉をくれたのも記憶にある。
ゴム園もたくさん見えた。

マラッカに到着して、その日の宿探し。
道が分からなくて、その辺の人に訊ねるが、現地の言葉
は分からない。
でも、地図を頼りに探していると、予定していたホテルに
行くことはできた。
部屋を頼むと、すぐにOKの返事で、そこに宿泊することに決定。

さて、町に出ようか。ちょっと腹も減ったな。
おっ、あそこに麺屋台がある。ここにしよう。

一つね。と店の人に指一本指すと、分かったという返事がきたので、
テーブルに掛けて待っていた。
だが、けっこうな時間待ったのに注文したものは来ない。
カウンターに行ってみた。
すると近くにいたおっちゃんが
「たのんだ?」
という。
「たのんだ」
と返した。
えっ、それ日本語じゃないか。
おじさんは注文のものが来るように、確認してくれた。

そのおじさんと一緒に、テーブルで麺を食べながら会話した。
そのおじさんは戦時中日本軍の料理係をやっていたことがあり、
日本語が堪能らしい。
その人は日本の観光客の間で有名らしく、
「地球の歩き方」というガイドブックに写真入りで紹介されて
いる、アリババおじさんという人らしい。
人力車で観光案内をして生計を立てているということだった。

たのもうかな。ついでだ。

人力車で町を案内して貰った。
「これがわしの若い頃だよ」
写真を見せてくれる。
人力車を一所懸命漕ぎながら、あれはカソリックの教会。
あれはインドの寺院。ポルトガル人の居住区。サンチャゴ砦。
あれはジャックフルーツ、あれはドリアン。

かなり長い時間案内してもらった。
花の咲き誇る小高い山にも登った。
そこからはマラッカ海峡が一望のもとで、なんともいえない
ようないい眺めだった。
大型タンカーの行きかうのが見える。

坂道になるとそのおじさんの足は止まった。
さすがに70歳くらいになるとこの坂を上るのは無理だろう。
私は降りて、後ろから人力車を押してあげた。
勢いよく車は進んでゆく。
自分が押してやればよかった...

そうこうするうちに自分のホテルに着いた。
さよなら。またくるよ。
おじさんの笑顔が印象的だった。

後に私の知り合いがマラッカに旅行し、アリババおじさんの
その後を確認してくれた。
同じく人力車をやっている、アリババおじさんの友達という
人は、こう言ったそうだ。
「彼は亡くなったよ」

悲しい話である。

Fi2621125_1e

(記憶がうつろなので、描写がうまくできなくてすいません)

« 旅の記憶Ⅷ 空港にて | トップページ | 旅の記憶Ⅹ 快適シャワー »

旅の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の記憶Ⅷ 空港にて | トップページ | 旅の記憶Ⅹ 快適シャワー »